スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

母親として

2011/04/25 Mon 09:35

親として子どもに不必要な被曝をさせないよう努力するあまり、
私が心の被曝をしてしまいました・・・

たんぽぽを嬉しそうに摘んで私に見せてくれた娘を激しく怒り、
食材の買い物に行っては一つ一つ産地を穴があくまで見つめ、
ほとほと心身ともに疲れてしまいました。

でも今頑張らなければいつ頑張れる?
あともう少しの我慢。

そんな中、子どもたちを守ると信じていた文科省の通達。
最も放射線量の高い校庭の使用を認めるというものでした。

学校に通わせるだけで不安なのに。。。

年間20ミリシーベルトを越えなければ健康上問題ないというものです。

本来国の定める法令が1ミリシーベルトなので
20倍の値まで引き上げられています。
しかもこの値は労働基準法に基づくもので、感受性の高い子どもに
適用されていいはずがありません。

国が定めた管理区域にあたる学校は福島県全体の75%以上に
あたります。

緊急事態だからこそ、ここを緩めてはいけないはずです。

興味のある方は是非こちらを見ていただきたいと思います→
母親として子どもを思う気持ちはどこに居ても変わらないものだと思います。
私も今回ばかりはバカになることに決めました。

スポンサーサイト
life
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。